音程

こんにちは☀ 枡田咲子です🐦

長音程・短音程の 2度、3度 について説明します!

基本は、長(M)短(m)をはかり、そこから半音せまく又は広くなったかで、完全な音程の名称にしていきます。

ちなみに英語表記で、M は Major(メジャー)、m は minor(マイナー)、aug は augment(オーギュメント)、dim は diminish(ディミニュッシュ)のことです。

音程の基本はこちら→音程・インターバル vol.1【絶対わかる基本の考え方】

英語だと、コード(和音)との繋がりが強く感じられますね〜😃

スポンサーリンク

2度の音程

幹音のみの長2度と短2度

次の音程は何度でしょう?

音程

どちらも2度ですね!しかし正確な間隔は違います。さて① と②、どちらが広い2度ですか?

音程

① C (ド) とD (レ)の間には黒鍵がありますが、E (ミ) とF (ファ)の間には音がありません。

このように幅の広い2度を長2度、せまい2度を短2度といいます。

ということは、① C (ド) とD (レ)は長2度、② E (ミ) とF (ファ)は短2度になります。

この黒鍵をはさまないE (ミ) とF (ファ)B (シ) とC (ド)は今後も音程をはかるときに便利なポイントになりますよ!
2度の一覧表

音程

派生音を含む長2度と短2度

次の音程は何度でしょう?

音程

フラットやシャープなどの変化記号が付いているときの考え方は、

❶ まずは変化記号が付いてなかったら何かを確認します

① の音程は、変化記号(♭)なしで考えるとC (ド) とD (レ)で長2度です。

② の音程は、 変化記号(#)なしで考えるとE (ミ) とF (ファ)短2度です。

❷ 次に、変化記号がつくと❶と比べて間隔は広くなったか、せまくなったかを考えます。

音の間隔のイメージ図
音程長2度から半音せまくなるので短2度となります。
音程② 短2度から半音広くなるので長2度となります。

長2度より半音せまくなると短2度になり、短2度より半音広くなると長2度になります。

それでは問題!次の音程は何度でしょうか?

音程

① 答え
短2度。A(ラ)と B(シ)の長2度から、 B(シ)がフラットで下がり半音せまくなり短2度
② 答え
長2度。B(シ)と C(ド)の短2度から、C(ド)がシャープで上がり半音広くなり長2度
③ 答え
長2度。E(ミ)と F(ファ)の短2度から、E(ミ)がフラットで下がり半音広くなり長2度
④ 答え

フラットは低い側の音につくと半音広くなり、高い側の音につくと半音せまくなります。またシャープは低い側の音につくと半音せまくなり、高い側の音につくと半音は広くなります。

増・重増2度と減2度

長2度より半音広い音程を増2度、増2度よりさらに半音広い音程を重増2度といい短2度より半音せまい音程を減2度といいます。

音程

解説
音程長2度より半音広くなり、増2度になります。
音程D(レ)の音がダブルシャープで全音上がるので、重増2度になります。
音程短2度より半音せまくなり、減2度になります。

重減2度は存在しません。

3度の音程

幹音のみの長3度と短3度

次の音程をみてください!どちらが長3度ですか?

音程

① と②、どちらが広い3度かわかりますか?

音程
音程

半音の数で数えると明確で、C (ド) とE (ミ)の間に黒鍵が2つと白鍵が1つあり、D (レ)とF (ファ)の間には黒鍵が1つと白鍵が1つあります。

つまり、黒鍵を多く含むほうが広い音程長2度で、少ないがせまい音程短2度になります。

その結果、① C (ド) とE (ミ)は長2度、② D (レ)とF (ファ)は短2度になります。

幹音(白鍵)で判断する方法
幹音(白鍵)で考える場合、E (ミ) - F (ファ)B (シ) - C (ド)を含むかどうかで長3度か短3度かを判断できます。
3度の場合は、E (ミ) - F (ファ)か、B (シ) - C (ド)のどちらかを含むと短3度になります。
例:C (ド) とE (ミ)は、C (ド)- D (レ)- E (ミ)と、E (ミ) - F (ファ)B (シ) - C (ド)を含まないので広い長3度。
例:D (レ)とF (ファ)は、D (レ)- E (ミ)- F (ファと、E (ミ) - F (ファ)を含むのでせまい短3度

黒鍵をどれだけ含むか、E (ミ) - F (ファ)か、B (シ) - C (ド)を含むとどうなるかは、幹音のみの音程で考える方法です。(幹音は#や♭のつかない音のことです)
3度の一覧表
音程

派生音を含む長3度と短3

それでは、次の音程は何度でしょう?

音程

フラットやシャープなどの変化記号が付いているときの考え方は、

❶ まずは変化記号が付いてなかったら何度かを確認します

① の音程は、変化記号(♭)なしで考えるとC (ド) とD (レ)で長2度です。

② の音程は、 変化記号(#)なしで考えるとE (ミ) とF (ファ)短2度です。

❷ 次に、変化記号がつくと❶と比べて間隔は広くなったか、せまくなったかを考えます。

音の間隔のイメージ図
音程長3度から半音せまくなるので短3度となります。
音程② 短3度から半音広くなるので長3度となります。

長3度より半音せまくなると短3度になり、短3度より半音広くなると長3度になります。

それでは問題!次の音程は何度でしょうか?

音程

① 答え
長3度。E(ミ)と G(ソ)で短3度、E(ミ)がフラットで下がり半音広くなるので長3度
② 答え
長3度。B(シ)とD(レ)で短3度、D(レ)がシャープで上がり半音広くなるので長3度
③ 答え
短3度。G(ソ)とB(シ)で長3度、G(ソ)がシャープで上がり半音せまくなるので短3度
④ 答え
短3度。F(ファ)とA(ラ)で長3度、A(ラ)がフラットで下がり半音せまくなるので短3度

増・重増3度と減・重減3度

長3度より半音広い音程を増3度、増3度よりさらに半音広い音程を重増3度といい短3度より半音せまい音程を減3度、減3度よりさらに半音せまい音程を重減3度といいます。

 

音程

解説
音程長3度より半音広くなり、増3度になります。
音程
E(ミ)の音がダブルシャープで全音上がるので、重増3度になります。
音程短3度より半音せまくなり、減3度になります。
音程
D(レ)がシャープで上がり半音せまく、F(ファ)がフラットで下がりさらに半音せまくなるので重減3度になります。
スポンサーリンク

まとめ

2度と3度は長音程・短音程です。
  • 幹音程での音程を考えます。
    E (ミ) - F (ファ)か、B (シ) - C (ド)をどちらか含むなら短音程、どちらも含まなければ長音程になります。
  • 派生音(#や♭のついた音)が含まれている場合は、まず幹音のみでの音程を考えます。そして、変化記号のつくことで音の間隔が広くなったか、せまくなったかを調べます。

長音程より半音せまくなると短音程、さらにもう半音せまくなると減音程となっていきます。長音程より半音広くなると増音程、さらにもう半音広くなると重増音程です。

短音程より半音広くなると長音程、さらにもう半音広くなると増音程となっていきます。短音程より半音せまくなると減音程、さらにもう半音せまくなると重減音程です。

    音程
    コードを作るときに、増や減2・3度、重増や重減2・3音程を使うことはありません。
    最後まで読んでくださり、ありがとうございました✨
    スポンサーリンク
    関連キーワード
    音楽の基本を学んでみませんか?

    曲を作りたい!もっとかっこいい曲を作りたい!けど音楽理論がよくわからない。なんて事はありませんか?音楽理論を理解するには、音楽用語や楽譜を読むなどの知識が必要になってきます。その基礎が詰まった本をご紹介します。

     

    ガチンコの1冊はこれ!昔から高校の音楽科の生徒や音大受験生が使う本として有名です。内容はとても充実していますが、解説は一見難しく感じるかもれません。音楽用語は日本語が中心で、和音(コード)の考え方はクラシック音楽の理論です。

    おすすめの記事