7thコード/アイキャッチ.002

こんにちは☀️  枡田咲子です🌸

ドミナント・セブンスとは!?

maj7(メジャー・セブンス)と何が違うの?

違いがわからない。。。

なんてことはありませんか?

ドミナント7thコードは、コード・ネームに””だけついてるコードのことです。

この””は、短7度を意味しています。このことさえわかれば、ドミナント7thコードは、メジャー・トライアドがわかっていれば簡単につくれます!!

なぜドミナントというかは、実際に曲の中で使うコード進行に関係しています。この説明については、後日ご紹介できればと思っていますので少々お待ちください。

ここではメジャー・トライアドが作れる前提で説明していきます。トライアドについては以下の記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ドミナント・セブンス・コード

コードの構造

作り方1

メジャー・トライアドの上に、そのルートから短7度(m7)上の音を積みます。

(注意:音程は短7度(m7)ですが、コードネームには短を表すmは省略します。

7コード.001

そのほかの例も見てみましょう。

7コード.003

 

作り方2

7度の考え方ではなく、3度で積み上げて作る方法です。

『メジャー・トライアドの第5音(5th)から短3度上の音を積みます』

このような考え方でもメジャー・セブンス・コードは作れます。

7コード.002

作り方3

短7度(m7) の転回音程である長2度(全音)で考える方法です。

 

1オクターブ上にルート音足して、その音を長2度(全音)下げるとドミナント・セブンス・コードになります。

7コード.005

ピアノの鍵盤を使うとわかりやすい方法で、1オクターブ上に足したルートから、半音下げるとmaj7コードになり、全音下げるとドミナント7thコードになります。

コードネームの書き方

ドミナント・セブンスは、ルート音を英語で表記し、その右横に 7 を表記します。

7コード.004

ドミナント・セブンスの表記法はこれしかありません!!

コード一覧

ドミナント・セブンスには、通常はダブルシャープやダブルフラットは使いません。

 

7th一覧.

 

よく使われるコードを表しました。

理論的な理由で、G#7 (G7 に全部シャープがついたもの)など使われ場合があります。

まとめ

ドミナント・セブンスは明るい響きのコードで、メジャー・トライアドの延長線上で作るコードです。

メジャー・トライアドに、ルートの短7度(m7)を上の音足すとできます。

音程では短7度をm7 と表記しますが、コードネームで表記する場合は m を省略するので注意しましょう。

書く時のコツは、セブンス・コード(4和音)もトライアド同様、お団子🍡 になります。基本の3度で積み重ねて作っていきます。

maj77 、これらのコードの違いは、ルートの上に足す7度が長7度(maj7) か短7度(m7) かということです。

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事