2.major

こんにちは☀️  枡田咲子です🌸

コードの基本である3和音を習得してみましょう!

ポピュラーの世界ではトライアド(英:triad)と英語名でよんだりします。

コード(和音)には名前(コードネーム)があるでの、実際はコードネームを使います。

今日は、メジャー・トライアド(英:major triad)、日本語では長3和音とよばれるコードの作り方をみていきましょう。

メジャーは”長”と訳され、明るいサウンドを持っているのが特徴です。

説明に出てくる用語については以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

メジャー・トライアド

構造/作り方

    1. ルートを(根音)を決める
    2. ルートから長3度上に音をつむ
    3. ルートから完全5度上に音をつむ(または、第3音から短3度上に音をつむ)

1.Cの作り方

 

長3度と短3度、完全5度と減5度など、音程の数え間違いに気をつけてください!

コードネームの書き方

メジャー・トライアドはルート音を英語で表記します。

ルートに ♭(フラット)や #(シャープ)がつく音名は、アルファベットの右側に表記します。

例:C#と書きます。(注意:#Cとは書きません。ただし音符には、音符の左側に♭や #がつきます。)

メジャー・トライアド/ 一覧

メジャー・トライアドには、ダブルシャープやダブルフラットは使いません。

演奏する楽譜の場合、※ の付いているコードは使わないことが多いです。例えばC# と表記するよりD♭と表記した方が演奏者にとっては読みやすいです。

maj一覧

ただし調の関係や理論的な理由でC#など、※ の付いているコードを表記する場合もあります。

まとめ

メジャー・トライアドは誰もが聴いたことがコードです。

書く時のコツは、ルート音が線の上にあれば、3rdも5th の音符も線の上に書きます。ルート音が線と線の間にあるときは、3rdも5th の音符も線の間に書きます。

わたしは、まずお団子に🍡 とよく表現してしまいますが、いかがでしょうか😅

次回はマイナー・トライアドを説明します!

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事