Lydianアイキャッチ

こんにちは🌷 枡田咲子です😃

引き続きモードのスケールで、本日はリディアン!

リディアン(Lydian)はの第3音が M3rd(主音から長3度上の音)なので、メジャー系のスケールに分類されます。

リディアンの特徴音は#4で、メジャー・スケールの4番目が半音上がったスケールです。

メジャー・スケールは印象がともて強いため、リディアン・スケールはなんだかスッキリしないような響きに最初は聴こえると思います。

でもメジャー・スケールに近いので、覚えやすいスケールではないでしょうか!

それでは、リディアン・スケールのかんたんな作り方と、一覧をご紹介していきます。

スポンサーリンク

作り方

スケールは本来、音の並び(半音と全音の並び)方で、スケール名が決まります。

スケールの考え方は、全音と半音で音をどう並べるかで、スケールを作っていきます。

しかし、たくさんのスケールを全音と半音の並びで覚えるのは大変なので、よく知られているメジャー・スケールと比較することで、リディアン・スケールを作ることができます。

音の並びで作る

リディアン・スケールの音の並びは、

全音→全音→全音→半音→全音→全音→半音 です。

lydian作り方1

 

lydian作り方2

 

メジャー・スケールから考える

メジャー・スケールと比べると遠い響きになりますが、同主調としてメジャー・スケールから考えることもできます。

メジャー・スケールの第4音を半音上げると、リディアン・スケールになります。

lydian作り方3

もう1つの考え方で、メジャー・スケールの第4音から始めるとリディアン・スケールができます。この考え方は、トニックが変わるので注意してください。
(例1:Cメジャー・スケールの場合、第4音(F音)から始める→ F, G, A, B, C, D, E = Fリディアン・スケール)
(例2:Gメジャー・スケールの場合、第4音(C音)から始める→C, D, E, F#, G, A, B = Cリディアン・スケール)

一覧

リディアン・スケールを全12キーでまとめてみました。

    Cリディアン・スケール

    lydianC

    D♭リディアン・スケール

    lydianDb

    Dリディアン・スケール

    lydianD

    E♭リディアン・スケール

    lydianEb

    Eリディアン・スケール

    lydianE

    Fリディアン・スケール

    lydianF

    G♭リディアン・スケール

    lydianGb

    Gリディアン・スケール

    lydianG

    A♭リディアン・スケール

    lydianAb

    Aリディアン・スケール

    lydianA

    B♭リディアン・スケール

    lydianBb

    Bリディアン・スケール

    lydianB

    その他のリディアン・スケール

    一覧にない、F#リディアン、C♭リディアンとF♭リディアンについては、

    • F#リディアンは、G♭リディアン
    • C♭リディアンは、Bリディアン
    • F♭リディアンは、Eリディアン

    を参考にしてください。

    C#リディアン、D#リディアンなどは、スケールにダブル・シャープが出てくるため使いません。

    まとめ

    リディアン・スケールは

    • メジャー系のスケール
    • 音の並びは、全音→全音→全音→半音→全音→全音→半音
    • メジャー・スケールの第4音を半音上げても作れる
    • メジャー・スケールの第4音から始める(トニックに注意!)

    以上で、つくることができます。

    ちなみに私事ですが、、、リディアン・スケール、はじめは頭で覚えようとしましたが、結局のところピアノのスケール練習で覚えました。。。

    さいごまで読んでくださりありがとうございました✨

    スポンサーリンク
    おすすめの記事