Billie's Bounce/ビリーズ・バウンス【ピアノ楽譜】

こんにちは🌼枡田咲子です😃

ピアノ楽譜販売のお知らせです!

今回は『ジャズの名曲を弾く!』シリーズで、

チャーリー・パーカー作曲『ビリーズ・バウンス』をジャズ・ピアノ・アレンジにしました。

ジャズ・ブルースは、12小節のテーマを2回繰り返して、アドリブ(即興演奏)して、ラスト・テーマ(これも2回繰り返して)で終わります。

少しアップ・テンポにしたので、右手はメロディー、左手はベース・ラインを弾くのでコードはほぼ出てこないんですが、意外と難しい!?

聞き映えはするアレンジになっていて、練習しがいもあると思います!!

スポンサーリンク

楽曲情報

作曲:チャーリー・パーカー

編曲:Sakiko Masuda

キー:  F メジャー

テンポ:Medium Up Swing

難易度:中級

販売:Piascore

曲の構成

楽曲の構成は、 テーマ(A, B)→ソロ(C, D)→ラスト・テーマ(B, E)→エンディングへです。

  • A セクションは、テーマ(1回目)です。右手はメロディー、左手は2ビートのシンプルなベース・ラインです。
  • B セクションは、テーマ(2回目)です。右手のメロディーには少しアレンジを加えて、左手は2ビートで軽快さを出したベースラインにアレンジしました。
  • C, D セクションは、ソロ(即興演奏)のパートです。フレーズは書き譜で、右手は単音が中心ですが、少しだけコードが混ざっています。左手は4ビートのベース・ラインです。ジャズ・ブルースのコード進行です。

その後→ダル・セーニョ(D.S.) で B セクションに戻り(ラスト・テーマ1回目)、コーダ(B セクションの終わり)からコーダ(D セクション)へ。

  • E セクションは、ラスト・テーマ(2回目)です。右手はB セクションと同じアレンジのメロディー、左手は4ビートのベース・ラインです。→エンディングへ。
ちょっと短くしたいとき
通常ジャズ・ブルースでは、はじめのテーマとラスト・テーマは2回繰り返します。
でもちょっと短くしたい時は、
  • D セクション最後のダル・セーニョ(D.S.)を使わず、そのまま E セクションへ進んでください。

参考動画

楽譜は Piascore からご購入いただけます!

ぜひ一度チェックしてみてください!

ジャズピアノ講座
Billie's Bounce のアレンジからジャズ・フレーズの弾き方をご紹介しています!
こちらも合わせてご参考ください!!
スポンサーリンク
おすすめの記事