1 テンション

こんにちは🌺枡田咲子です😃

ここ最近は音楽理論・基礎の記事をアップしてましたが、今回は7thコードの続きでテンション・コードについてです!!

ジャンルによっては必要不可欠なテンション・コードです。

ジャズではテンションが出てこないなんてことはありません。

最近のポップスはおしゃれでかっこいいものがたくさん!やっぱりテンションがよく入ってます。

スポンサーリンク

コードの構成音と名称

コード・トーンとテンション・ノート

トライアド(3和音)や7thコード(4和音)のコードを構成する音のことをコード・トーン(英:chord tone) といいます。

例1:コード・トーン

 

tension 1-1

 

そのほか使える音(9th、11th、13th)をテンション・ノート(英:tension note)といいます。

テンションには、”緊張” などの意味があり、コードにテンション・ノートを加えることで緊張感が出るよう響きになります。

例2:テンション

 

tension 1-2

テンション・ノート

テンション9th(英:tension nineth)

ルートから長9度上の音が、テンション9thです。(ナチュラル9thともいいます)

tension 2-1

テンション11th(英:tension eleventh)

ルートから完全11度上(1オクターブと完全4度上)の音が、テンション11thです。(ナチュラル11thともいいます)

 

tension 2-2

☆ Cmaj7 と C7 ではナチュラル11thはアボイド・ノートになるため使いません。ナチュラル11thを使う場合は、3rd(第3音)を省くと使うことができます。(sus4 の響きになります。)

テンション13th(英:tension thirteenth)

ルートから長13度上(1オクターブと長6度上)の音が、テンション13thです。(ナチュラル13thともいいます)

tension 2-3

 

☆ Cm13 のナチュラル13thは、たいていの場合アボイド・ノートになるため使わない方がよい音です。

オルタード・テンション(英:alterd tension)

オルタード・テンションとは、9th、11th、13thを変化させたもので、♭9th、#9th、#11th、♭13thのことをいいます。

tension 2-4

 

オルタード・テンションは緊張感がさらに増した響きが得られますが、多くのコードでは不協音程を作ってしまいます。主にドミナント・セブンス・コードで使います。

9th、11th、13thにつく♭は半音下げる、#は半音上げるという意味です。

♭9thの音に♭がつかない場合もあるの気をつけましょう。

 

例1:B7の9th

tension 4-1

① B7のナチュラル9th は、ルート(B)から長9度上のC#です。

② B7のナチュラル9th(C#)が半音下がった C  が♭9thです。(C♭ではありません。)

③ B7のナチュラル9th(C#)が半音上がった(ダブル・シャープ) が#9thです。

④ B7(#9)の場合、#9thの C×(ダブル・シャープ)がみにくいため、異名同音のDを使うことがよくあります。

このような読みにくい音(ダブル・シャープやダブル・フラット)は、楽譜上では異名同音で書き換えられることが多いです。

まとめ

コード(3和音、4和音)のを構成する音(ルート、3rd、5th、7th)をコード・トーンいいます。

その他使える音 9th、11th、13thをテンション・ノートといいます。

9th、11th、13thが変化したテンションをオルタード・テンションといいます。(♭9th、#9th、#11th、♭13th)

とりあえず、、、ですが、主なコード(maj7、7、m7)で使えるテンションをまとめてみました。

tension 2-5実際はどのキー(調)なのか、どんなコード進行かで使わない方が良い場合や、ボイシング(音の並び方)などもで変わるので、あくまでもご参考までに。

次回 テンションNo.2は、アボイド・ノートについてです!

アボイド・ノートがわかると、maj7コードでどうして♭9thが使えないのか!?などが解明します。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事