異名同音

こんにちは☀️ 枡田咲子です🌼

異名同音とは、名前は異なる(異名)けど、音は同じ(同音)ということです。

さて、ここで問題です!

同じ音ならどんな書き方(読み方)をしてもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

異名同音について

音名は違うけど、音を出してしまえば同じ音。これが異名同音です。

ピアノの鍵盤でみてみると、簡単にわかります!鍵盤にアメリカ音名を書いてますので参考にしてください。

異名同音

解説

① の黒鍵の音名は、 C# または D♭(または、Bダブルシャープ)
② の黒鍵の音名は、白鍵 F または E#(または、Gダブルフラット)
③ の黒鍵の音名は、黒鍵 A# または B♭(または、Cダブルフラット)

音名はCシャープ、Dフラットのように異なりますが、鍵盤で音を鳴らせば同じ音です。これが異名同音です。

音の選び方

C#  D♭のように音が同じなら、どっちを使ってもよいのでしょうか?

答えは NO です。🙅‍♀️

楽譜に書く時や、理論で考える場合は、使うべき音が決まっています。

上行系のとき

シャープを使って書き表します。

良い例シャープを使うことでみやすくなります。

異名同音説明

 

良くない例上記の楽譜と音を鳴らせば同じですが、明らかに読みにくいです。

異名同音説明

C と D の間の D♭が良くない理由は、D にナチュラル記号をつけなければならないことです。C#を使えば無駄な記号がひとつなくなり、みやすい楽譜になります。

F♭は E で、E# は F で書けばすむので、わざわざフラットやシャープの記号を使って書く必要がありません。

F ダブルシャープやAダブルフラットも、あえて記号を増やす意味がありません。

下行系のとき

フラットを使って書き表します。

良い例フラットを使うことでスッキリ読むことができます。

異名同音説明

 

良くない例上記の楽譜と音を鳴らせば同じです。この楽譜を見せられたら、、、😱

異名同音説明

C♭は Bで 書けば、誰もがわかりやすい音になります。

A# は B♭ にすることで、 A の音に向かって半音下に進行することが一目でわかります。(良い例を参考に)

Gダブルシャープは A で、Aダブルフラットは G で書けば見やすく、わざわざ記号をつける意味がありません。

F# はG♭で書くことで、さいごの D にナチュラル記号をつけなくてすみます。

調(キー)によっての選び方

それでは、E# や F♭、ダブルシャープやダブルフラットは使わないのかと言われれば、それも違います。

調(キー)によっては、これらを使います。

例:キーF#メジャーの場合

異名同音説明

左端に調を表す記号(調号)があります。F, C, G, D, A, E にはシャープが付いていること前提の調です。

このような場合は、E#を使います。

また F# と G# の間の音は、F#が半音上がった音として F ダブルシャープ を使います。

例:キーG♭メジャーの場合

異名同音説明

左端に調を表す記号(調号)には、B, E, A, D, G, C とフラットが付いています。これらの音にはフラットがついていることが前提です。

なので、C♭は調内の音として使います。

また A♭ と G♭ の間のAダブルフラット音は、A♭が半音上がった音として ダブルフラットを使います。

まとめ

音名は違うけど、音を出せば同じ音。これが異名同音です。(例:C# / D♭)

基本どの音を使うか

上行系はシャープ、下行系はフラットを使う。

不要な変化記号は使わない。

調(キー)が決まっている場合は、E# や C♭のような音を使うことがあります。

ただシャープやフラットがたくさん付いた調は、実際演奏しづらいことからあまり使われません。

まずは基本の上行系と下行系で意識して使えば問題ないです。

理論上、ダブルシャープやダブルフラットを使うことはありますが、楽譜ではどうしても読みにくくなります。ポピュラーやジャズの楽譜では好まれません。

F ダブルシャープ ならG(ナチュラル)を使ってシンプルに書き表してOKです。

調によっては、どの音を使うのがベストか迷うことがあります。😥

迷ったときは、演奏者(楽譜を読む人)にとって読みやすく、間違えにくい音かを考えて決めてみて下さい✊

最後まで読んでくださり、ありがとうございます✨

スポンサーリンク
音楽の基本を学んでみませんか?

曲を作りたい!もっとかっこいい曲を作りたい!けど音楽理論がよくわからない。なんて事はありませんか?音楽理論を理解するには、音楽用語や楽譜を読むなどの知識が必要になってきます。その基礎が詰まった本をご紹介します。

 

ガチンコの1冊はこれ!昔から高校の音楽科の生徒や音大受験生が使う本として有名です。内容はとても充実していますが、解説は一見難しく感じるかもれません。音楽用語は日本語が中心で、和音(コード)の考え方はクラシック音楽の理論です。

おすすめの記事