煙が目にしみる:Jerome Kern作曲【ピアノ楽譜】

こんにちは☀️ 枡田咲子です😃

”ジャズの名曲を弾く”の第2弾です!

ジャズ・ピアノ、

  • 何を弾いたらよいのか?
  • 即興演奏(アドリブ)はできないと無理なのか?
  • 楽譜を持っているけど意外と難しくって、、、または、簡単すぎて、、、

などなど、、、

そんな悩みにお応えできるようなアレンジ楽譜です。

楽譜は全て書き譜です。コードのテンションなど音楽理論の知識がある方は、独自でアレンジもできるようにコード・ネームも記載しています!

スポンサーリンク

楽曲情報

作曲:Jerome Kern

編曲:Sakiko Masuda

キー:F メジャー

テンポ:Slow /バラード

難易度:中級

販売:Piascore

ジャズ・バラードとは?

ジャズと言えばスウィング!なんですが、バラードはゆっくりしたテンポの曲で、8分音符はスウィングしません(跳ねません)!!

楽譜は、楽譜通り、そのまま弾いてください!

曲の構成

主な構成

楽曲の構成は、テーマ(A, B, C)→ソロ(D)→ ラスト・テーマ(B, C)からエンディングです。

このA, B, C...はリハーサル・レターで、楽曲の構成とは関係ありません。(リハーサル・レターは、リハーサルや練習するときに使う記号です)

テーマ (A, B, C)

メロディーのフォームは、 a, a', b, a'' フォーム(各8小節)です。

(A= a, a', B= b, C= a'' )

アドリブ (D)

ジャズではテーマのコード進行でアドリブ(即興演奏)します。

このアレンジは誰でも楽しんで弾けるようにアドリブ・セクションも作っています。

Aセクション(リピートを含めた16小節)のコード進行に沿ってアドリブのフレーズを作っています。

独自のアドリブをされ場合は、コード・ネームを使ってオリジナルのフレーズを作ってください!

本来、テーマ(32小節)を1コーラスとしてアドリブを行いますが、バラードでは半コーラス(はじめの16小節)をアドリブして残りの半コーラス(さいごの16小節)をラステ・テーマにしたりします。

バラードはゆっくりで、何コーラスもアドリブ・セクションにすると長くてダレルので、全体で2〜3コーラスの演奏が多いです。

このアレンジでは1コーラスの半分(16小節)をアドリブ・セクションとしてテーマに戻ります。

1コーラス(32小節)をアドリブして、ラスト・テーマは B(さいご16小節)から半コーラスというパターンもよくあります。

(D= a, a' )

ラスト・テーマ (B, C)〜エンディング

ラスト・テーマは、メロディー・フォーム b a'' で、B セクションに戻ります。

Cセクションを4小節弾いて、エンディング(コーダ)へ向かいます。と同じメロディーですが少しアレンジを加えています。

最後のコード(Fmaj7) は、アルペジオにしても綺麗ですよ!

参考動画

楽譜は Piascore からご購入いただけます!

ぜひ一度チェックしてみてください!

 

 

今日このごろ

先週アップした初のレッスン動画を観て😅

壁が、、、壁紙を貼らねば!!

どうにかしないと!と、ずっと思っていたんですが、重たい腰をあげて張り替えました〜😃

次の動画では、多少見栄えもマシになっていると思うので、これ懲りずにまた見てやってください🙇‍♀️

スポンサーリンク
ニコライ・カプースチン『8つの演奏会用エチュード』

クラシックはもともとやっていたし好きでした。

その中でも衝撃を受けたのは、ニコライ・カプースチン!

ジャズ・サウンドでとにかくかっこいい!

とくに『8つの演奏会用エチュード』が好きで練習しましたね~🎵

おすすめの記事