ダイアトニック1

こんにちは🍀枡田咲子です😃

”ダイアトニック”とは!?なんでしょう。

ダイアトニック(英:diatonic)は、音楽用語で”全音階の”という意味があります。

dia は”完全な” 、トニックは”主音”という意味があります。

つまりダイアトニック・コードとは、ある音階をダイアトニック・スケールとして、その音階の音のみでできるコードのことです。

まずは、その仕組みをみていきましょう!

スポンサーリンク

ダイアトニック・コードの仕組み/3和音

1. まず基本となる音階を決めます。(ダイアトニック・スケールを決める)

(例1)Cメジャー・スケールをダイアトニック・スケールとする

ダイアトニックM-1

 

2. ダイアトニック・スケールの音のみを使ってコードを作る。(ダイアトニック・コードができます)

(例2)Cメジャー・スケールの音のみでコードを作る

ダイアトニック・スケールの上に、ダイアトニック・スケールの音を3度ずつ積み上げます。

ダイアトニックM-2

3. できたコードにコードネームをつける

ダイアトニックM-3

このダイアトニック・コードは、Cメジャー・キーの楽曲で使われる重要なコードになります。

間違った例
Cメジャー・スケールをダイアトニック・スケールとしたとき、Cメジャー・スケール以外の音が含まれたコードはダイアトニック・コードではありません。
ダイアトニックM-4
(例3)Dメジャー・スケールをダイアトニック・スケールとしたとき
ダイアトニックM-4
Dメジャー・スケールは、FとCにシャープがつきます。(F#、C#)
この音を使ってコードを作っていきます。コード内の音にもFとCには#をつけます。
ダイアトニックM-6
これがDメジャーのダイアトニック・コードです。
コードネームは以下のようになります。
ダイアトニックM-7
これは、Dメジャー・キーの楽曲で使われる重要なコードになります。

ダイアトニック・コード/4和音

4和音になっても、3和音と作り方は同じです。

ダイアトニック・スケールの音のみで4和音にします。

例1:Cメジャー・スケールをダイアトニック・スケールとする

ダイアトニック・スケール(Cメジャー・スケール)の上に、ダイアトニック・スケールの音を3度ずつ積み上げ4和音にします。

ダイアトニックM-8

できたコードにコード・ネームをつけます。

ダイアトニックM-10

これがCメジャー・キー、4和音のダイアトニック・コードです。

 

例2:Dメジャー・スケールをダイアトニック・スケールとする

ダイアトニック・スケール(Dメジャー・スケール)の上に、ダイアトニック・スケールの音を3度ずつ積み上げ4和音にします。

ダイアトニックM-9

Dメジャー・スケールは、FとCに#がつきます。コード内の音であっても、FとCには#がつきます。

できたコードにコード・ネームをつけます。

ダイアトニックM-11

 ダイアトニック・コードは、調(キー)と深く関係しています。Cメジャー・スケールを除くメジャー・スケールでは調号を使って考えます。

ダイアトニックM-12

今回はわかりやすくするため、臨時記号を使っての説明でした。実際は、ダイアトニック・コードはキー(調)と繋がっているので調号を使います。

まとめ

ダイアトニック・コードを作るには、まずダイアトニック・スケールを決めて、そのスケールの音のみを使ってコードできたコードのことです。

ダイアトニック・コードはキー(調)と関係しているため調号を使って考えます。(Cメジャー以外)

今回はベーシックに、ダイアトニック・コードの作り方だけだったので、物足りないところもあったかもしれません。。。

次回は、楽曲をアナライズ(分析)したり、コード進行を作るときに役立つディグリー・ネームについて書いてみようと思ってます!

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事