6.sus

こんにちは☀️  枡田咲子です🌸

トライアドのさいごの説明は、サスペンディッド・コード(英:suspended chord)です。サスペンディッドには、”つるす”などの意味から、第3音(3rd)を吊り上げて第4音(4th)を使うなんて言われています。

サスペンディッドには、”停止した”という意味もあります。ここでは sus は3rd をとりやめて(停止して)かわりに横に書かれた音を使うと考えてみてください!

sus4 (サス フォー)というコードネームで使われ、これまでのトライアドと違いメジャーでもなくマイナーでもない曖昧な響きをもつコードです。

sus2(サス ツー)コードも sus4 同様で、メジャー(明るい)やマイナー(暗い)の響きを決める第3音(3rd) がない響きが最大の特徴です。

メジャー・トライアド変化させて作る方法もご紹介していきますね!

説明に出てくる用語については以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

sus4 コード

構造/作り方1

    1. ルートを(根音)を決める
    2. ルートから完全4度上に音をつむ
    3. ルートから完全5度上に音をつむ(または、第4音から長2度上に音をつむ)

1.sus4作り方

作り方2  メジャー・トライアドから変化

マイナー・トライアドの第3音を半音上げると、sus4 コードになります。

3.sus4作り方

コードネームの書き方

sus4 コードはルート音を英語で表記し、sus4 をつけます。(sus のみ表記する場合もあります。)

2.sus4作り方

sus4 一覧

5.sus4一覧

 

※ の付いているコードはルート音が読みにくいことが理由で使わないことが多いです、理論上の都合で使うことはあります。

sus2 コード

構造/作り方

4ではなく2?何を吊り上げる?と困惑してませんか?

最初にも書きましたが、sus(サスペンディッド)には、”停止した”という意味もあります。

sus2 は第3音(3rd)をとりやめて第2音(2nd)を使うコードとなります。

作り方は、

    1. ルートを(根音)を決める
    2. ルートから長2度上に音をつむ
    3. ルートから完全5度上に音をつむ

4.sus2作り方

 

su2 コードネームの書き方と一覧

コードネームの書き方は、sus4と同様でまずルート音を英語で表記し、その右側に sus2 と表記します。

 

6.sus2一覧

 

※ の付いているコードはルート音が読みにくいことが理由で使わないことが多いです、理論上の都合で使うことはあります。

sus のみの場合、演奏するときどうしますか?通常は、sus4 をさしていることが多いと思います。3度を入れないことが重要なので、sus2と捉えても問題はないでしょう。

 

まとめ

サスペンディッド(suspended) には”停止した”という意味があることを考えると、sus4コードでもsus2コードでも 第3音(3rd)を使わないということになります。

実際はどの楽曲にも必ず含まれるようなコードではありませんが、ジャンルや楽曲によってはよく使われます。

書く時のコツは今までのトライアドと異なり、2度や4度がはみでた見た目となり、串にささったお団子にはなりません🙅‍♀️🍡

サスペンディッド・コードの響きは爽やかな響きで、メジャー感やマイナー感がでない曖昧なサウンドとも言います。

次回は、コードの転回(転回系)についてをご説明していきます!

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事