セカンダリードミナント

こんにちは🐿枡田咲子です😃

セカンダリー・ドミナントとは?

セカンダリー (英:secondary)は『第2の』などの意味があります。

訳すと『第2のドミナント』というになります。

ドミナントは音楽用語のファンション(機能)のことです。またドミナントと言えば、ドミナント7thコードを思い浮かべてもよいでしょう。

第1のドミナント『プライマリー・ドミナント』はダイアトニック・コードです。

第2のドミナント『セカンダリー・ドミナント』は、ダイアトニック・コードにドミナント・リゾリューションするドミナント7thのことです。

それでは譜例と共に、セカンダリー・ドミナントとその特徴について説明していきます!

ドミンナント・リゾリューションについては、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

セカンダリー・ドミナント

セカンダリー・ドミナントは、ダイアトニック・コード(Imaj7, VIIm7(♭5以外)にドミナント・リゾリューションするドミナント7thコードのことです。

つまりセカンダリー・ドミナントの解決先(リゾリューション)は、ダイアトニック・コードに進行します。

Cメジャーのダイアトニック・コードへ進行するドミナント7thの解決先

secondary dominant1

 

(1)Cmaj7(Imaj7) にはプライマリー・ドミナント G7(V7)がドミナント・リゾリューションします。

(2)IIm7 にドミナント・リゾリューションするセカンダリー・ドミナント A7

 

(3)IIIm7 にドミナント・リゾリューションするセカンダリー・ドミナント B7

 

(4)IVmaj7 にドミナント・リゾリューションするセカンダリー・ドミナント C7

 

(5)V7 にドミナント・リゾリューションするセカンダリー・ドミナントは D7

 

(6)VIm7 にドミナント・リゾリューションするセカンダリー・ドミナントは E7

 

(7)VIIm7(♭5) は不安定なコードで解決先としてふさわしくないため、セカンダリー・ドミナントを使ったコード進行には向きません。

VIIm7(♭5)にドミナント・リゾリューションするコードが実際に使えないわけではありません。しかしここでは、セカンダリー・ドミナントという機能を果たさないと考えるので、VIIm7(♭5)を解決先にはしません。

特徴

セカンダリー・ドミナントには、以下の特徴があります。

  1. セカンダリー・ドミナントのルートは、ダイアトニック音である
  2. セカンダリー・ドミナントのコード・トーンには、ダイアトニック音ではない音が含まれている

 

例1 Cメジャーのとき

  1. セカンダリー・ドミナント(A7, B7, C7, D7, E7)のルートはCメジャーのダイアトニック音(Cメジャー・スケールの音)

2. セカンダリー・ドミナントのコード・トーンには、ダイアトニック音(Cメジャー・スケールの音)以外の音が含まれている

secondary dominant8-2

 

例2 Dメジャーのとき

  1. セカンダリー・ドミナント(B7, C#7, D7, E7, F#7)のルートはDメジャーのダイアトニック音(Dメジャー・スケールの音 D, E, F#, G, A, B, C#)

secondary dominant9-1

 

2. セカンダリー・ドミナントのコード・トーンには、ダイアトニック音(Dメジャー・スケールの音)以外の音が含まれている

secondary dominan9-2

ダイアトニック・コード以外のコードには、必ずダイアトニック音以外の音が含まれることになります。コード進行をアナライズまたは作るときにはまず、ダイアトニック・コードなのかそうでないかを見極めましょう。ダイアトニック・コードが、コード進行上で基盤を作ります。

まとめ

セカンダリー・ドミナントは、ダイアトニック・コード(IIm7, IIIm7, IVmaj7, V7, VIm7)を解決先にします。

解決先はすべて4和音で説明していますが、3和音になっても問題はありません。

例:A7 → Dm7(IIm7)が、A7 → Dm(IIm)でもOK

では、A7 → Dm7(IIm7)が、A → Dm(IIm)でも良いのか!?というところですが、、、

これも問題ありません!

しかし、ドミナント・リゾリューションはドミナント7thコード(4和音)を使うほうが、より強い解決感を得ることができます。

ドミナント7thコードにはトライトーン(増4度/減5度)が含まれるため、少し不安定な響きをもつコードです。

この不安定なコードが、安定感のあるmaj7 や m7、メジャーやマイナー・トライアドに進行することで、より強い解決感を出すことができるのです!

と、ドミナント7thコードについて熱く語りたくなってしまいます😆

ドミナント7thコードは本当に奥が深く、いつも考えさせられるコードです。

まだまだドミナントについては、色々な記事をアップしたいと思っています!

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事