奏法記号

こんにちは☀️枡田咲子です😃

今回は楽曲をアップグレードするためにも必要不可欠な奏法についてです。

楽器によって様々な奏法がありますが、ここでは一般的によく使われる奏法の記号をまとめみました。

楽譜では、実際の音の長さを音符で表さず、奏法記号を用いることで読みやすくなる場合もありますので、覚えておくと便利です!

曲をアップグレードするNo.1 【強弱記号】は、こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

奏法を指示する記号:基本編

どの楽器にも使うことができる基本の奏法記号です。

奏法に関する記号1

 

譜例1スタッカートが付けられた音符は、もとの音符の長さより短く奏します。(全音符のような長い音符には通常使いません。)

奏法に関する記号2

 

譜例2テヌートが付けられた音符は、もとの音符を十分保って奏します。(全音符のような長い音符には通常使いません。)

奏法に関する記号3

 

譜例3フェルマータは、もとの音符の長さより長く伸ばします。休符に付いた場合は、その休符の長さより長く休みます。

奏法に関する記号4

フェルマータが音符や休符につくと、曲は一時的に拍の進行が止まります。

伸ばす(又は休む)長さは、明確には決まっていません。(目安として、本来の音符の長さの2~3倍以内と考えてもよいでしょう。)

 

譜例4スラーは、異なる高さの音にかけ、音と音を切らずになめらかに演奏します。

奏法に関する記号5

なめらかに演奏することを、legato (レガート)ともいいます。

奏法を指示する記号:楽器編

アルペジオ(伊:arpeggiare/アルペジアーレ)

音を分散させる奏法です。ピアノ(鍵盤楽器)、ギターやハープなど、コードを演奏する楽器でよく使われます。

 

書き表し方 奏法
奏法に関する記号6-1 奏法に関する記号6-2 奏法に関する記号6-9
奏法に関する記号6-5 奏法に関する記号6-4 奏法に関する記号6-10

奏法に関する記号6-3 ←このように、上向きのアルペジオも矢印を付けて書き表す場合もあります。一般的には波線のみです。

 

グリッサンド(伊:glissando)

高さの異なる2音を滑らせるように経過する奏法です。2音を線や波線で結んで表します。

奏法に関する記号6-7
線で2音を結びます。
gliss. の用語は省略する場合もあります。
奏法に関する記号6-6
波線で2音を結びます。
gliss. の用語を書く場合もあります。

どちらも意味は同じです。線や波線だけで、gliss. の用語は省略する場合もあります。

ハープでよく使われます。その他、ピアノ(鍵盤楽器)、ギターなど弦楽器や、管楽器でも使われます。

トレモロ(伊:tremolo)

記号の付いている音を急速にくり返す奏法です。

1音(または和音)を繰り返すトレモロ

音符の棒(全音符の場合は上)に記させれる斜め線がくり返す音符のを表します。

1本なら8分音符、2本なら16分音符、、、となり、もとの音符の長さ分をくり返します。

書き表し方 奏法
8分音符 トレモロ3 トレモロ4
16分音符 トレモロ1 トレモロ2
16分音符 トレモロ5 トレモロ6

バイオリンなど弦楽器で使われる奏法です。

2音を繰り返すトレモロ

繰り返したい2音を結びます。8分音符で繰り返す場合は1本、16分音符で繰り返す場合は2本、32分音符で繰り返す場合は3本で結びます。

全音符の場合は、2音間に線を入れます。(音符同士を線で結びません)

結んだ音符はトレモロを行う長さの音符を書き表します。つまり2拍の間、トレモロを行うのであれば2分音符同士を結びます。

書き表し方 奏法
16分音符 トレモロ9 トレモロ10
32分音符 トレモロ7 トレモロ8

この2音を繰り返すトレモロは、書き方を知らないと不思議な楽譜に見えてしまいます。少しのトレモロなら記号を使わず音符で書く場合もありますが、長い場合はこのように書き表すと楽譜がスッキリ見えますね!

ブレス(英:breath)

息つぎの場所やフレーズの切れめを表す記号です。( V  で表します)

 

トレモロ11 

息つぎが必要な楽器(歌や管楽器)で使います。

フレーズの切れ目を表す場合は、ピアノや弦楽器などでも使う場合もあります。

まとめ

単調な曲であっても、奏法を少し加えることで、楽曲の雰囲気は一気にかわります。

基本のスタッカートやテヌートを取り入れるだけでも、曲の魅力がアップします!!ただし、どこでも使えば良いというものでもないので、その辺りは研究と経験が必要です。

あとはコンポーザーやアレンジャーのセンスで変わってきます。

まずは、スタッカートは軽やかな感じ、テヌートは重厚感といったイメージを持ってみてはどうでしょうか?

さいごまで読んでくださり、ありがとうございました✨

スポンサーリンク
おすすめの記事