2 One To Oneサムネ

こんにちは🦋枡田咲子です😃

引き続き、ピアノ・プロジェクトでリリース予定のアルバム収録曲の1曲の動画をアップしました!

『One To One』は”1対1”という意味で、潔さみたいなものをイメージして作ってみました。

非常勤講師として勤めてます神戸電子専門学校のレコーディング実習で、オリジナル曲のピアノ・ソロに初挑戦しました!

その時に作ったこの曲が、(ちゃんと作った)ピアノ・ソロ曲の第1号のような気がします😆

学生の実習授業ですが、本格的でとてもよく録音できています!!

ミックスは、担当講師だった Kim先生がとても良い感じに仕上げてくれました。(ありがとうございます!)

こちらはフル・バージョンです!!

レコーディング・バージョンは、少し、ほんの少しだけ音を変えているので、そちらも楽しみにしていてくださいね🎶

最後まで読んでくださりありがとうございました✨

 

スポンサーリンク
バッハを弾いてみませんか?

ジャンルに関係なく、ピアノのテクニックや譜読みの強化、楽曲分析をしたい方にもおすすめの楽譜がバッハのインヴェンションとシンフォニアです。

インヴェンションは2声の曲になってます。2声ということは同時に3つ音がなることはありません。つまり、1つのメロディーを片手ずつ弾くことになります。

ただし右手と左手と違う動きをするために、両手で合わせるのが少し難しいです😓

しかし左右別の動きをすることで、指が鍛えられたり、楽譜を読む技術があがったり脳トレにもなります。

シンフォニアは3声になるので難易度が少し上がりますが、インヴェンションもシンフォニアどちらも見開き2ページとよい長さですよ😀

春秋社版は、装飾音符の弾き方や強弱などの解説が丁寧に書かれあるのでおすすめです。

原典版は詳しい弾き方が書かれてないこともあるので、楽譜に慣れている方や楽曲分析したい方や、ひき比べしたい方の2冊目などにおすすめです。

原典版は可能な限り忠実に作曲家の意図を再現することを目的とした楽譜のことである。(ウィキペディア)

おすすめの記事