別れの曲(ショパン)/ジャズ・アレンジ【ピアノ楽譜】

こんにちは🌱 枡田咲子です😃

別れもあれば出会いもある、そんな季節ですね🌸

ピアノ楽譜販売のお知らせ、クラシック曲をジャズで弾く!第2弾です!!

ショパンの練習曲(Op.10-3)『別れの曲』のテーマ部分をジャズ・バラード風にアレンジしてみました!

少し和音が多くなっていますが、ゆっくりで、スウィングしないのでリズムはシンプルです。

この機会にじっくり練習してみませんか?

スポンサーリンク

楽曲情報

作曲:フレデリック・ショパン

編曲:Sakiko Masuda

キー:E♭メジャー

テンポ:Jazz Ballad

難易度:中級+

販売:Piascore

曲の構成

主な構成

楽曲の構成は、 テーマ(A, B)→ラスト・テーマ(C, D)です。

有名なメロディー部分のみのアレンジとなっています。

曲を短くするには!?
  • 20小節目まで弾いて、45小節目(最後の2小節)を弾いて終われます。
  • 20小節目まで弾いて、46小節目(最後の1小節)を弾いても終われます。
  • A セクション→ D セクション(BとC セクションをとばす)
  • 14小節目まで弾いて、37小節目から最後まで弾く。

などなど、テーマを1コーラスだけでもスッキリ演奏できます!

参考動画

楽譜は Piascore からご購入いただけます!

ぜひ一度チェックしてみてください!

スポンサーリンク
ニコライ・カプースチン『8つの演奏会用エチュード』

クラシックはもともとやっていたし好きでした。

その中でも衝撃を受けたのは、ニコライ・カプースチン!

ジャズ・サウンドでとにかくかっこいい!

とくに『8つの演奏会用エチュード』が好きで練習しましたね~🎵

おすすめの記事